ジェネリック医薬品を格安で入手する方法

長らく患っているうつ病等の持病があり、その治療薬を貰う為には医師の診察を受ける必要があります。
何故なら診察を受けなければ処方箋を出してくれないからであり、処方箋がなければ調剤薬局から薬を出して貰えないからです。
うつ病という持病を隠して中途入社で入った会社が、うつ病等のメンタルな病に対しての理解が薄い所であった場合、たとえ上役から君は何か持病でもあるのか等と問い詰められたとしても、正直に話をするのは得策では無いでしょう。
場合によっては、会社を辞めざるを得なくなる可能性もあるからです。
とはいえ養うべき妻子がいれば、働きながら通院する事になります。
その様な場合、自然と通院時間帯は夕刻から夜間帯に集中することになりますから、例え予約制のクリニックであっても混み合う可能性は高くなるでしょう。
それでも、そのまま帰宅出来れば良いのですが再び会社に舞い戻り、ミーティングや残務を熟す為に残業を余儀なくされるという場合もあるかも知れません。
これが数ヶ月に1回程度なら、なんとかなるでしょうが、数週間に1回というペースでクリニックを訪れなければならないとしたら、業務にも支障を来す可能性が高くなります。
また、症状が安定しているなら、何時も同じ抗鬱薬・抗不安薬、あるいは気分安定薬等を処方される様になりがちなので、薬だけ処方して欲しいと考えるのは当然の事なのかも知れません。
最近ではSSRIやSNRI等の新薬が登場しうつ病治療のスタンダードになっていますが、新薬というのは高価である事が多いのがネックです。
日本の薬事法では、医薬品の有効成分の特許が切れて後発医薬品を販売出来るのは、まだ先の話になりますので、格安で購入したいという場合には海外の製薬メーカーに目を向けるのが良いかも知れません。
後発医薬品とは一般的にジェネリック医薬品というのですが、日本では作ることが出来ない筈のジェネリック医薬品を海外では既に、発売しているのが判ります。
何故なら海外の製薬メーカーでは、日本等が加入している協定に加入していないので、前述した様な有効成分の特許切れを待たずして、ジェネリック医薬品を発売出来るという訳です。
これを日本国内で暮らしていても医薬品を個人輸入という形であれば、医薬品を入手する事が出来ますが、自分で海外の医薬品を購入する為には煩雑な手続きが沢山あり、それを熟すには、多くの手間と専門知識を必要とします。
もっと手軽に購入する術は無いのかというと、ベストケンコーという医薬品の個人輸入代行業を生業とする会社を利用する方法があります。
ベストケンコーでは前述した様に抗鬱薬では、SSRIやSNRI等のジェネリック医薬品も取り扱っているので、格安で入手する事が出来るのが魅力です。
ベストケンコーでの購入方法はネット通販に馴染みがあれば、比較的簡単に覚えられるでしょう。
まずはインターネットに接続されているパソコンや、携帯電話、あるいはスマートフォン等の端末を用意して、ベストケンコーのWEBサイトにアクセスします。
そして、画面左上に示された検索フィールドがあるので、欲しい抗鬱薬や抗不安薬等の名称を投入すると、該当する医薬品の名前の一覧が薬のパッケージ写真と共に表示されます。
その表示された中から当該の医薬品のジェネリック医薬品を探して、クレジットカードで決済するだけで済み、後は注文した医薬品が配送されてくるのを待つだけとなるのです。